明治神宮~人の思いが集まり、再生へと至ったパワースポット

明治神宮の門

紅葉の見頃も収束を迎えた晩秋の日、東京は渋谷区にある明治神宮を訪れました。右を見ても左を見ても若者の姿ばかりが目に付き、雑然としたJR原宿駅に降り立ち橋を渡ると、そのすぐ目の前には緑に囲まれた明治神宮です。休日ということもあり、駅前は買い物客を含め大勢の行楽客で賑わっていました。その人の流れに逆らいながら、強い力に引き寄せられるように明治神宮へと足を向けます。木々の枝にわずかに残った紅葉の色に隠されるよう、強い主張はせずしかし威風堂々と、参拝に訪れる人を優しく迎える力強さとを兼ね備えた鳥居が立っています。そこへ足を踏み入れた途端、大都会の放つ喧騒と忙しなさとはまったく切り離された静寂の世界に包まれます。無意識のうちに心が畏まり、大きく吸い込んだ空気がキュッと肺を引き締める感覚がしてきました。

パワーと人の思いの結晶

明治神宮の参道

さてここ明治神宮は、明治天皇と昭憲皇太后をお祀りしている神社です。崩御なされたお二人の御神霊をお祀りし、お慕いし続けたいとの遺徳を偲ぶ声が国民からあがり、大正9年(1920年)に創建されこの場所に御鎮座されました。創建される以前のこの場所は、畑が敷地の大半を占め荒れ地のような景観が広がっていたそうで、現在の明治神宮の敷地南側に広がる御苑のみが、当時の面影を留めるに過ぎないそうです。

大正4年から始まった造営工事に対して、全国各地から献木があり、さらには海を越えて樺太や台湾、朝鮮半島からも木々が届き植林されました。その大きく成長した木々が今では、豊かに生い茂り現在の美しい社の景観を形成しています。そして1970年、創建50年を機に境内の木々を調査したところ、植林された木々が自然の状態に戻っていたというその驚くべき事実が、ここ明治神宮がパワースポットと呼ばれるようになった要因でもあります。それはこの場所にもともと力が宿っていた事がそうなのでしょうが、そこに献木という形で人々の強い思いが伝わったこともひとつの結果と言えるのではないでしょうか。

自然が道を示し、心を落ち着かせる

明治神宮の鳥居

大鳥居の下をくぐり、参拝のために御社殿へ向かいます。

参道の両脇を囲む木々の梢から聞こえる鳥の鳴き声、風に落ちる葉々、葉間から漏れ伝わる陽の光りが神々しいまでに輝き、目の前に伸びる進むべき道を示しています。訪れた人それぞれが抱え込んだ心のモヤモヤは、ここを通る間に晴れ渡り、足取りも軽くなる感覚がするはずです。幼い子供を真ん中に手を繋ぐ家族、寄せ合うように身を近付けるカップル、少しでもいい絵を撮ろうと大きなカバンを抱えるカメラマンなど、多くの人が行き交っています。

明治神宮の手水舎

砂利道に歩を進める足元からは砂埃が立ち上がり、木々の間を抜けてきた風に掻き流されて行きます。一歩一歩、本殿へ近付くにつれ、気分の高揚ともまた逆にリラックスとも言い難い感覚がしてきます。5分ほど歩くと御社殿と神楽殿、客殿に囲まれた場所に来ます。手水舎にて、手を洗い口をすすぎ、鳥居をくぐり本殿敷地内へ。参道の砂利道とは違い、綺麗に石が敷き詰められた地面を、風に吹かれた落葉がカサカサ音を立てながら前を流れていきます。御社殿手前およそ10メートル、ここが富士山から伸びる龍脈の穴がある場所で、最も気が集まるポイントとして知られています。この場所に立って、大きく息を吸い込み、ゆっくりと淀んだ空気吐き出し体内の気を循環させます。

突然、低く響くド~ンという太鼓の音。白無垢に身を包んだ新婦と紋付羽織姿の新郎が、神主に先導され静々と進んでいきます。その後方には両家の家族が付き従い列は形成されています。周りの参拝客、観光客も笑顔で静かに見守っている光景が印象的です。こういったパワースポットで式を挙げることは、すべからく二人の絆も強くしていくことでしょう。

明治神宮の結婚式

幸せそうな姿を見ると、ある意味その方達からパワーをもらった気にもなれます。太陽の光りを受けて建つ御社殿は、訪れる参拝者達を暖かく、優しくそして厳しく包み込むように人々を迎えています。拍手とともに、静かに思い思いの願いを掛け身体に心にパワーを受けています。御社殿脇には、祈願や報謝の絵馬を奉納しています。絵馬の説明書きに外国語表記もあることから、外国人の絵馬も多く見受けられます。健康の改善や生活の向上、それぞれがこの場所がもたらす御神気に与ろうと願いを絵馬に託します。

人が生きるには、ストレスと不安に満ちた街、東京。

明治神宮の内部

その都心の真ん中に、ここは本当に東京か?と思わせるポッと出来た広大で鬱蒼とした緑の憩いスペース。シイノキやカシノキ、クスノキなどの照葉樹に囲まれた荘厳なこの雰囲気の中で、それら多くの木々の放つ見えないパワーが、そしてそれを抜けると表れる尊相な本殿と森厳な境内から漂う空気とが、あなたの抱える心身の疲れを取り除き、新しい気持ちで歩き出すためのパワーを与えてくれることでしょう。

なぜここ明治神宮が、日本有数のパワースポットと言われているのか、実際に訪れた方ならその身を以って所以を知ることが出来るはずです。今日この明治神宮が初詣参拝客数日本一となりえたのは、年の始めに人々がこの場所からパワーを受け、それが活力となっていくのを感じることが出来た結果ではないでしょうか。お近くへあるいは東京へお越しの際には、ぜひ一度足を運ばれることをオススメします。