昔からの言い伝えなのか、最近生まれた都市伝説なのか…? “すぐ実行できる”ハッピーな恋愛ジンクスが、最近とても増えています!
バレンタイン前に実行すれば、あなたの恋も成就するかも!

恋愛のジンクス
今日からすぐできる!恋愛のジンクス、教えます!

昔は四つ葉のクローバーを見つけないと恋愛が成就しない…というジンクスがあり、四つ葉のクローバーが見つからなかったときの女子学生たちの落胆ぶりは相当なものでした。けれども最近のジンクスは、身近なアイテムを活用して実行できるものだったりするので便利です。今日からすぐにできる恋のジンクスをご紹介しましょう。

佐川急便のトラックの“飛脚の赤ふんどし”に触ると恋が成就する

これは誰でもできそうですよね。街に止まっている佐川急便のトラックを触らせてもらいましょう。ただし事故に遭わないよう、十分気をつけてくださいね。

東京タワーのあかりが灯る瞬間を“偶然”見たら、一番大好きな人と付き合える

このジンクスはむずかしいですね。東京タワーのあかりが灯るのを「偶然」に見ないといけないのです。東京タワーのあかりは、通常は日没時につく(東京タワー公式HP調べ)ので、日没の時刻を知っていると見ることはできますが、偶然見るというのがむずかしいですよね。

手編みのセーターを彼氏に渡すと、3ヶ月以内にケンカ。そして半年後には別れる

これは昭和の時代からずっとある恋愛のジンクスですね。一般的には男女の関係において、男性が女性の愛情を「重たい」と感じたら別れに至る……ということですので、こういうことを「手編みのセーター」が象徴しているのかもしれません

“6969”というナンバーの車をカップルで見たら、燃えるようなHができる

これぞまさに、都市伝説的ジンクスといった感じでしょう。ジンクスではあるものの、カップルでおなじことを想像してしまうので、燃えるようなHができるのかもしれません。デート中に、がんばって「6969」というナンバーの車を探してみてください。
ちなみにインターネットでググっても、あまりたくさんの「6969」の車のナンバーの画像は出てきません。多くの人は「あれ」を想像してしまうので、好んでつけないナンバーなのでしょうか。実際に街で遭遇できたらラッキーですね。

初対面で“怖い”と思った人とは大恋愛になる

このジンクスは、いくつかのインターネットサイトに同じようなことが書いてありました。これ、おそらく心理学的に見ても「正しい」ジンクスです。初対面のときに「苦手だな。怖いな」と思った相手と、あとあとちゃんと話をしてみたら、実は気が合う人だったというのは、最初に苦手意識が高いぶん、「気が合う」と知るとホッとするってことですね。心理的な高低差があるのです。このジンクス、本当みたいです。

紙に100回好きな人の名前を書くと恋が成就する

中高生のあいだで、こういうことが言われているようです。これは100回書くというのが、ポイントでしょう。つまり、ほかのことよりも強く意識するので、恋が叶うってわけです。ぜひ、今夜やってみましょう。
このジンクスのアレンジとして、1回目は赤いペンで自分の名前を書いて、残りの99回は好きな人の名前を青いペンで書くというものがあります。また、書いた紙をお財布に入れて持ち歩くと恋が成就するという情報も! 中高生向けのサイトだとお財布が生徒手帳になっていたりもします。強く意識し続けることが大事なのでしょう。ジンクスですから、いろんなアレンジが加わりながら、世間に流布しているみたいですね。

右手の小指の爪だけにマニキュアを塗ると恋が成就する

これも昔からいわれ続けているジンクスです。マニキュアを買ってもらえない小学生たちは、マジックで小指の爪だけ塗っていましたよね。

ピンキーリングを左手の小指にしているとイケメン彼氏が見つかる

これは意外なジンクスですね。なぜならオトナ的には、貴金属を指につけていると「この女性、彼氏いるのか」って思われるので。しかし、「恋愛運は左手の小指から入ってくる」といわれているため、左手の小指のピンキーリングは特別みたいですね。ちなみにジュエリーショップに聞くとこういったジンクスはずっと存在するようで、クリスマス前には小指のピンキーリングがすごく売れるそうです。

角砂糖の裏表に好きな人のイニシャルを彫ると両思いに!

正確には、その角砂糖をドリンクに溶かして飲み干すと両想いになれる…というジンクス。怨念がこもってそうで少々怖いですが、やってみる価値はあるかもしれません。米に文字を書いて世界中から賞賛されるのが日本人です。あなたは角砂糖に意中の彼のイニシャルを彫り、周囲の賞賛を浴びつつハッピーな両想いになりましょう!

舞い散る桜の花びらを片手で3枚拾うと両想いに!

春になったらやってみましょう! さわやかなジンクスですよね。

マスカラを新しいものにすると、新しい恋がはじまる

これはジンクスといえるのかどうか。でも、マスカラを変えて目の印象も気持ちも新たになれば、新しい恋が始まりそうな予感がしますよね。恋にご無沙汰なあなたは、さっそくドラッグストアに新しいマスカラを買いに走ってみてはいかがでしょうか?

新しい靴が新しい出逢いを呼んでくれる 靴の先をキレイにすると、イケメンに出逢う

一説によるとこれらは、中学生から大人の女性まで幅広い層に支持されているジンクスのようです。靴に気を配ることで、いいオンナに見られるのかもしれません。ジンクスというよりも「いいオンナになるテクニック」に近いといえるでしょう。

好きな人から青色のペンをもらうと両想いに!

これは学生でもOLでも、みなさんすぐにできることでしょう。ただし、「何なの?」と怪しまれないように気をつけてくださいね。

携帯の待ち受け画面をクマのプーさんにすると両想いに! キティちゃんのストラップは運気を下げる

携帯絡みのジンクスも、調べたらたくさん出てきます。クマのプーさんだけではなく、「美輪明宏さんの画像を待ち受け画面にしたら幸せになれる」「水玉のリボンのストラップは運気を下げる」など、いくつもあります。書ききれませんので、友だちといろいろ話をしてみるといいでしょう。

ラブレター3枚で告白すると1度はフラれるけど、2度目で付き合える ラブレターを夜書くと、告白は成功しない

携帯がまだなかった頃の、ラブレターに関するジンクス。すでに時代はメール文化なので、ラブレターを書く女性は少ないかもしれませんが、ラブレターを夜に書くと告白が失敗するというのは、かなり正解に近いジンクスでしょう。夜は自分の想いが溢れすぎて感情的になり、相手にとって重たい文章になりがちだからです。これはメールにおいても当てはまることだといえるでしょう。

夜の海にデートに行くと別れる

これは、まったく理由がわかりません。インターネット上にもこれといった理由がありませんでした。彼と行くと別れるスポットとして、千葉県浦安市のねずみさんのいるテーマパークとか、出雲のほうの大きな神社などが有名なようです。テーマパークは広くて混んでいるから、喧嘩になりやすいのでしょう。神社の方のジンクスには、もしかしたらスピリチュアルな意味合いがあるのかもしれません。

好きな人に大根を投げると恋が成就する

これは面白ネタとして拾ってみました。大根は1センチ角くらいのサイズまでといわれています。あまり大きな大根を投げると、彼に怒られそうですよね。

枕元に明るい色の花を飾ると両想いになれる ショパンの音楽を小さな音で流しておくと恋が成就する

これは風水的にも心理学的にも正解に近いジンクスでしょうね。鎮静作用があり、リラックスできて素敵な表情になるからかもしれません。

他人のヘアブラシは3回振ってから使わないとフラれる

髪には陰の「気」がこもりやすいといわれています。その髪をすくブラシやくしを貸し借りするときには、注意が必要だということでしょう。

好きな人に前髪をさわられると両想いになれる

わざと糸くずでもつけておけば、「糸くずがついてるよ」「取って取って!」なんてやりとりがあって、前髪をさわってくれる可能性大!


いかがでしたか? そのほか、「水曜日に告白をするとうまくいく」とか「池や海など水辺で告白をすると失敗する」など、まだまだたくさんのジンクスがありますが、今回はこれくらいにしておきましょう。
なぜこういったジンクスがあるのかよくわからないものから、科学的に納得するものまでいろいろありましたね。水曜日に告白するとうまくいくというのは、学生も社会人も水曜日は週の半ばでどことなくダルくて、目新しい刺激を求めているからなのかもしれません。これを機会にあなたなりのジンクスを作って、世に広めてみるのも面白いでのはないでしょうか?