数秘術イメージ

あなたは今、目の前の忙しさに翻弄されている毎日を送っていませんか?魂の目的を忘れてしまっているかもしれません。あなたが今、ここに存在する意味を考えたことはありますか? 考えても分からないから、考えないようにしている。もしくは、考えるのは好きだけれど、目の前の仕事がなかなか進まないから保留にしている。そんな人は多いのではないでしょうか。そこで役立つのが、自分の魂の目的を知るヒントになる、数秘術。あなたが今、産まれてきた意味は何でしょうか。そして魂の果たす目的は?毎日の生活の中で、確かに息づくあなたの魂、ぜひ数秘術から感じ取ってみましょう。

数秘術とは神秘学

数秘術とは、英語では「ヌメロロジー(Numerology)」と呼ばれるものです。数秘学とも呼ばれます。この数秘術では、すべてのあらゆる宇宙のものは、数の法則によって成り立っていると考えられています。その数は非常に規則正しく、秩序があるといされます。数秘術は、古代ギリシアの数学者・哲学者のピタゴラスによって体系づけられたといわれています。ピタゴラスは、「万物は数でできている」ことに気づきました。その万物の中には、人間の肉体、精神はもちろん、魂までもが数でできていると考えたのです。そして、その魂が向かう先は、数の完全性です。魂は、数として完全になることこそ、浄化されることだと考えたのです。また、魂だけでなく、万物において、その隠された真実を知るには、それぞれの万物が表される「数字」の真の意味を理解することだと考えました。

数秘術で分かる魂の目的

このように、数秘術では、魂も数字でできていると考えます。そして万物がそうであるように、魂も、その数字の真の意味を知れば、その魂に刻まれた、資質、使命などが分かるというのです。つまり、人間の持つ資質や才能、産まれてきた意味など、魂としての一個人を考えたときに、その隠された真実は、数秘術で読み解くことができるというわけです。数秘術では、人の「魂の刻印」を知るのに、「誕生数」「ソウルナンバー」と呼ばれるものを用います。これは人間の魂に対して備わっている数のことです。

数秘術ではどのようにして魂の目的を知るのか

では、数秘術では、実際にどのようにすれば魂の目的を知ることができるのでしょうか。数字術では、魂が記されている「ソウルナンバー」を用いてその魂の目的や運命を知ることになります。ソウルナンバーには1~9、そして11と22があります。ソウルナンバーの出し方はとても簡単です。まず、西暦の生年月日をすべて一ケタにしてすべての数字を足します。そして、二ケタの数字になったら、また分解して一ケタずつにし、一ケタになるまで足し続けます。最後に、一ケタの数字になったら、それがあなたのソウルナンバーです。

例えば、1997年3月12日生まれの人は、1+9+9+7+3+1+2=32になるので、さらに足して3+2=5となります。つまり、この人のソウルナンバーは「5」となります。 しかし、途中で解が11か22になった場合だけ、そこでストップします。11と22には特別な意味があるからです。ぜひ自分のソウルナンバーを計算して出してみましょう。

ソウルナンバー・誕生数の意味

ソウルナンバーの1~9、11、22の解釈は次の通りです。

  1. リーダー的素質があり、決断力に長けている。正義感が強い。自分の創造性を発揮する。創造のエネルギーにあふれている。
  2. 繊細かつ器用でなんでもこなし、母性や忍耐力を持ち、感性と想像力にあふれている。自分自身に献身の心を向ける。
  3. 学問に惹かれる傾向があり、真実の自分を探している人。子どものように明るく陽気。
  4. とても意志が強く、自分のアイデンティティーを確立することにまい進する。合理的にものを考える現実派。
  5. 自由と変化を好み、好奇心旺盛で何でも人生を楽しもうとする人。社交的で活発。
  6. 理想と現実のギャップに気づいており、そのギャップを埋めるために努力をする人。教育者に向いている。
  7. 知性にあふれ、洞察力を持ち合わせながら、とても器用かつ自律できる人。信念が強い。
  8. 特に何かに夢中になると没頭して我を忘れてしまうほどに。野心家で負けず嫌い。
  9. 人を導く役割を果たす人。人は皆、魂を磨くために生きている。人々へ知恵をもたらす。
  10. 霊界とつながる意識を持ち、個性的で神秘的。人に対する思いやりはとても大きく、人を癒す力がある人。
  11. まるで王者にたとえられ、地位や名誉、お金など、あらゆるものを求めて手にする人。カリスマ性があり、多くの人の尊敬と称賛を勝ち取ることができる。

数秘術を活用する方法

では、実際、この数秘術で導き出された魂の持っている使命や資質などは、どのように受け止めればいいのでしょうか。中でも、生年月日から導き出される誕生数・ソウルナンバーは、個人の魂の強い傾向を示すといわれています。そこには、あなたの生まれ持った資質、性格、運命の傾向など、あらゆるあなたの本質が示されています。この誕生数を知ることで、私たちは、自分の可能性と魂の目的を知ることができます。すると、自分の人生の舵を切ることが、随分簡単になってきます。

例えば、若者であれば、将来、どんな職業について、目の前の進路はどんな道を選べばいいのかと悩んでいることが多いでしょう。そんなときに、この誕生数は参考になります。また、働き盛りの30~40代であっても、これからさらに役職や立場が上に上がるにつれて、自分の最終的に向かう方向性を定めることができるでしょう。そして多くの人が悩んでいる人間関係においても、この数秘術は大いに役立ちます。例えば、家族や友人、会社の上司や部下、同僚など、身の回りで接する人々と上手くいかないことがあったとします。そんなとき、ふと相手の誕生数を知って、どんな魂の目的を持っているかを理解することで、その人の本質的なところを理解することができるようになります。そうすれば、その人との付き合い方も随分変わってくるでしょう。もちろん、相手の本質ですから、普段はそんな素振りは見せないかもしれません。しかし、方向性を知ることで、どんな風に付き合っていけばいいのかという判断がつきやすくなるでしょう。

名前から自分のナンバーを出す方法も

ところで、この数秘術を使った自分の魂のことは、ただ生年月日だけでなく、名前によっても導き出すことができます。名前は、一度アルファベットに直して、アルファベットと数字の対応表を見て、数字に直してから足し算していきます。また、母音だけを足すといった方法で得られるナンバーもあります。これは誕生数の魂のレベルの本質的、深いレベルとは異なり、もっと現実に近い、人生における運命の傾向を表すといわれています。


このように、数秘術によって魂の傾向を出すことは、誰もが容易にできることが分かります。その魂の刻印をどう生かすことができるのかは、人それぞれやり方は異なるでしょう。

しかし、誰もがその生年月日などから導き出されたナンバーを、自分の人生のヒントにすることができるのは共通しているはずです。ぜひ自分の数字に親しんで、生活の中で活かしてみてはいかがでしょうか。