カラー開運術イメージ

自分の家や部屋のインテリアなどを配慮することで、運気を上げる方法の一つに、風水があります。この風水は、特に色を意識することで運気を上げることができます。また、とくに何の運気を上げたいかによっても、色は変わります。今回は、風水に色を取り入れる具体的な方法をご紹介します。

風水と色との関係

風水における「色」は、とても重要な意味を持ちます。風水で重視されるのは方位ですが、この方位にはそれぞれ適した色があります。風水における方位は、五行である「木・火・土・金・水」それぞれに方位とその意味が対応しています。

  • 木…「東・南東」⇒緑・水色・茶
  • 火…「南」⇒赤・オレンジ
  • 土…「南西・北東」⇒黄・ベージュ・茶色
  • 金…「西・北西」⇒白・金銀・メタリック
  • 水…「北」⇒青・黒

このように、方位に対して、適した色が決まっています。では、それぞれの方位と色について解説していきましょう。

木…「東・南東」

緑・水色・茶

緑・水色・茶イメージ

木の東方位は「健康」「成長」・南東方位は「金運」を表します。木といえば緑や茶色です。木は書斎などが向いており、やはり木ということから、観葉植物などを置くとエネルギーが高まる方位です。南東は富を示す金運アップの場所です。書斎だけでなく、寝室にも向いています。

火…「南」

⇒赤・オレンジ

赤・オレンジイメージ

南の方位は、「人気」「名声」などを表します。特に赤やオレンジ系のインテリアを置くと、社会的な成功運が高まります。また、仕事で成功するほかにも、友達の間で注目を集めたり、人気者になったりする傾向があります。

土…「南西・北東」

⇒黄・ベージュ・茶色

黄・ベージュ・茶色イメージ

南西は「人間関係」「恋愛・結婚」、北東は「知識・やる気」を表します。土は黄色や茶色といった大地の色を使用すると運気が高まるといわれています。また、人と人との関係に深くかかわりがあります。茶色や赤系を使ったベッドなどの置く寝室空間にとしておすすめです。北東には、知識や業績を高めるために必要なやる気や目的意識のエネルギーを高めることができる場所です。いずれにしても大地の自然な色で運気を挙げましょう。

土…「南西・北東」

⇒白・金銀・メタリック

白・金銀・メタリックイメージ

西は「子ども」「家族」、北西は「支援・サポート」を表します。
子どもや家族が欲しい人は西のエネルギーを高めましょう。もしすでに子どもが要る場合には、家族全員の健康につながるといわれています。北西も同様の色でエネルギーが高まりますが、こちらは何か他の誰かからの支援が得られるということがあります。

水…「北」

⇒青・黒

青・黒イメージ

北は「仕事運」を表します。水と関連が深く、青や黒を使うと北のエネルギーが高まるといわれています。カーテンやソファーの色を青や黒にしてみるのも一つの方法です。また、水を用いた置物、例えば噴水やポンプ付きの水槽など、大きいものから小さいものまでさまざまな雑貨がありますので、これらを置くと運気が高まります。ただし、水は流れるもの、循環するものである必要があります。水は金運とも関係しているので、水を利用する場合には、十分注意して置くようにしましょう。

生活の中で色を取り入れるコツ

では、実際に色を生活の中に取り入れる場合、どのように取り入れていけばいいのでしょうか。そのコツをご紹介します。

色によっては差し色にする

色は人の心や精神にも深く関係しています。しかし、それぞれの色の特性によって、暮らしながら、心身に強い影響がもたらされることがあります。例えば、赤は風水でとても大きな影響力があります。風水では火の方位である「南」に向いている色ですが、部屋全体を真っ赤にしてしまうと、やはりどうしても感情的になりがちで、イライラしやすくなります。その場合には、ソファーやテーブルクロス、カーテン、電気スタンドなど家具類に差し色として赤を取り入れてみるといいでしょう。

緑や青はファブリックや観葉植物で取り入れる

緑や青系の色は、カーテンやテーブルクロスなどのファブリックに取り入れやすい色です。ぜひカラーを統一するなどしてうまく取り入れましょう。また、緑の色を入れるために、よく観葉植物が用いられます。観葉植物は土に値を張り、どんどん上に向かって伸びていくものであり、その自然のエネルギーをもらうことができるため、縁起がいいといわれています。

ただし、観葉植物を置く場合には、ぜひお手入れを欠かさないようにしましょう。陶器のきれいな鉢に植え替えて、常にホコリなどがついていないかチェックを。また、あまりに部屋に対して観葉植物が大きすぎると、生活の妨げになることがあります。その置く部屋の位置に見合ったサイズを選びましょう。また、観葉植物の葉は、丸みのあるものを選ぶと、金運アップにつながるといわれています。

水を取り入れるときの方法

北の方位は、水の方位であり、青や黒色がいいとご紹介しました。この水を取り入れる場合には、例えば、噴水のオブジェなどがいいとされています。また、水槽という案もありますが、その場合、元気に泳ぐ魚を飼うといいでしょう。しかし、ポンプ付きのものにしましょう。また、もしこうした本物の水を取り入れるのがむずかしい環境であれば、美しい海や湖などがある絵画を飾るのも有効といわれています。

トイレは何色がいいの?

これまで方位による色をご説明してきましたが、気になるのが他の細かな部屋。トイレの場合、どんな色がいいのか気になりますよね。ある説では、トイレにもし窓がない場合には、ラベンダー色で統一するのがいいといわれています。これは、風水的には、窓がないトイレは大凶といわれているからです。トイレも方位によって運気を上げる色が異なりますが、特に無窓は注意が必要といわれています。香りもラベンダーがおすすめです。

リビングは暗くならないように気を付ける

場所によって暗すぎる色は避けるほうがいいでしょう。例えばリビングはその典型です。リビングにはできるだけ暗い色は避け、モノトーンなど色がないものも避けましょう。リビングは家族全員が利用する大事なスペースなので、陽の気が常に適度にある状態が大切です。オレンジ系や黄色、ピンクなどの明るめの色を選びましょう。

自分のラッキーカラーを取り入れる

ところで、風水で色を取り入れるのを考えた際に、方位だけでなく、ラッキーカラーから選ぶという方法もあります。実は人間だれしも、生年月日からそのラッキーカラーを割り出すことができるのです。ラッキーカラーは、さまざまな方法で算出されますが、一つに、九星というものを用いることがあります。九星とは、人間を成年月日によって一白水星や二黒土星などの計9つの星に分類し、性格や運気などを占うものです。

この九星は、それぞれラッキーカラーがあります。例えば、一白水星は青・白・緑、四緑木星は青・緑、九紫火星は赤、六白金星は黄・白などです。いずれも、水星、土星、木星、金星、火星とそれぞれのテーマカラーに合った色がふさわしいようです。自分の星を知り、これらのラッキーカラーを自分の部屋にファブリックなどに取り入れることで、より運気を上げることができるでしょう。


風水と色には密接な関係があります。一度にすべてを取り入れるのは、なかなか困難なところがあります。余裕を持って、自分自身が最も生活に合った風水を取り入れてみてください。