スピリチュアル

女性にとって、人から愛され、可愛く、素敵な女性になることは往年の憧れです。しかし、日々、なぜだか理想的な自分になれないという悩みは誰にでもあるのではないでしょうか。そこで今回は、女性が自分のメンタルをケアしながら、スピリチュアルな観点で自分の魅力を高めるための方法をご紹介します。

「イライラしてしまう…」理由と対処法

女性にとって、生理前や生理中、妊娠中など、イライラしてしまうことも多いです。ホルモンバランスの乱れが原因と聞いても、気持ちや精神面でどのように乗り越えるべきか悩みがちです。イライラしてしまうときというのは、スピリチュアルな観点からすればどのような意味があるのか、みていきましょう。

自分は正しい・自分は偉いと思っている

イライラしてしまうときは、何かに怒りの感情があることもありますし、思い通りにならないことがあったときなどに起こります。イライラすると、身体のエネルギーが怒りに包まれ、あなたが接する周りの人にも悪い影響を及ぼしてしまいます。ホルモンバランスのせいにして、自分を顧みないのは、素敵な女性とはいえません。イライラしてしまう原因の一つに、「自分は正しい」「自分は偉い」と思っているということがあります。つまり、イライラしてしまう原因は自分の心の中にあるというわけです。それは、現世のことだけに留まりません。実は、過去生であなたが何かの役職についていて、「偉い存在」だった可能性もあるのです。まさかそんなことと思うかもしれませんが、そのことであなたが、自分のことが絶対的に正しいと思っていることが理由で、何か自分の考えとは異なる行動を取る相手に対してイライラしてしまうのかもしれないのです。

自分も同じ行為をしている

心理学の考え方の中には、「鏡の法則」というものがあります。これも、スピリチュアルな考え方といえるかもしれません。実は、あなたがイライラしている原因となったできごとは、あなたの中にイライラの原因が隠されている可能性があるのです。振り返ってみてください。仕事中、メールの返信がほしいのに、返信が遅くてイライラしてしまっていませんか。イライラの原因が分かったら、「メールの返信をしない」という人間のふるまいにフォーカスしましょう。そして、それは自分自身も日頃から行っていないか確認してみてください。思い当たる節はありませんか? そうなのです。あなたがイライラしたのは、あなたも同じようにメールの返信をせずに、相手をイライラさせているということなのです。そう思うと、「メールの返信をしなきゃ」と思いますよね。きっと、相手へのイライラは一瞬で消え失せてしまうでしょう。

人から波長の影響を受けている

人は、人の感情に対して大きな影響力を持っています。目に見えない波長というものは、人間の感情をそのまま表しています。例えば、オーラというものがあります。あの人はオーラが輝いているといった使い方をすることもありますが、その時々の感情を表すこともあるのです。イライラのオーラでいっぱいになると、赤いオーラになるといわれています。そうした人の近くにいると、自分までイライラしてしまうこともあるのです。そうした波長の影響の受けやすい人がいます。オーラが弱っているのは、心身ともに弱っている証拠。睡眠不足になっていませんか。生活習慣が乱れて、身体によくないものばかりを食べていませんか。そうした乱れが、あなたのオーラに悪い影響を受けやすくなることもあるのです。もしイライラのオーラを感じてしまったら、まずは冷静になりましょう。そしてあなたのイライラにつかないように、あなたは相手に与えるようにしましょう。イライラしている人は、自分が相手に何かをしてほしいと思っています。しかし、自分から相手に何かを施そう、奉仕しようと思う人は、イライラしません。イライラしている人に対しても、自分から愛を実践しましょう。そして、あなたの愛のオーラで、イライラしている人を癒せるくらいになりましょう。

「食べ過ぎてしまう…」理由と対処法

ストレスがたまっているときや、生理前のイライラする時期などに、つい食べ過ぎてしまうことはありませんか? これは、多くのが女性が悩まされていることです。では、このどうしても食べたくなる、食べ過ぎてしまうということの、スピリチュアルな原因をみていきましょう。

心が飢餓状態にある

食べ過ぎてしまう精神的な原因として、心が満たされていないことが一つ挙げられます。実は、食べ過ぎてしまうときというのは身体が欲しているとは限らないのです。ストレスで食べ過ぎてしまう場合は特に、「心と精神の満足」を求めているのです。つまり、満たされない何かを、食べることで埋めようとしているだけなのです。そうなると、食べたくて仕方がないときは、他のことに切り替えればいいことが分かります。もっと生産的なことにその満足の欲求を向かわせるのです。料理教室に通う、ウォーキングをする、仕事を徹底的にこなすなど何でもいいでしょう。上手に料理を作ることができた満足、ウォーキングで身体を動かしてすっきりした満足、仕事をこなして上司に褒められた満足など、ささいな満足を重ねることで、食べ過ぎることもいずれ減っていきます。そして、自分は何に飢餓を感じているのかが分かってくるでしょう。それは、人からの愛への欲求なのか、自分を認めてほしいのか、恐れや不安からくるものなのか、人それぞれです。

心がこもった料理はエネルギーのレベルが高い

通常、人は量やカロリーや味などで満足度を感じるものです。おなかいっぱいになったら、満腹、満足と解釈しますよね。しかし、実は、食べ手も食べても足りないのは、心が満足しない低いエネルギーのものを食べていることも原因の一つです。例えば、手作りではなく、工場で大量生産されたようなお菓子や、量産されるジャンクフードなどは、エネルギーが非常に低いといわれています。人の心がこもっていない、もしくは希薄であるため、エネルギーも低いのです。そんなものばかりを食べていると、なかなか満たされません。おなかいっぱいになっても、「まだ足りない」となってしまうのです。たまに、実家に帰って母の手料理を食べたり、手作りが自慢の飲食店で食べたりすると、なんだか心まで満たされて、食事も満足することはありませんか? 実は、そこで食べたものは、同じ食材、同じ料理だったとしても、心がこもっているので、美味しく感じる上に、エネルギーが高いので、満足度も高いのです。小さなおにぎり一個でも、お母さんのにぎったおにぎりは美味しいものですよね。このように、一人であっても心をこめてつくることで、満足感がはやくやってきて、食べ過ぎるのを避けられる可能性があります。

食べ過ぎることへの罪悪感と悪循環

食べ過ぎると、次食べるときに罪悪感を覚えますよね。それでも罪悪感を抱えながら、また食べ過ぎてしまうと、さらにっ罪悪感が加速します。分かっているけれどやめられない状態になってしまうのです。このような状態になったら、どうすればいいのでしょうか。まず、食べることは悪いことではないことを自分に言い聞かせることです。そして、この食事は、私の心と身体を幸せにしてくれるものだ、と心から思います。そして、ゆっくりと噛んで、美味しさを味わいましょう。すると、罪悪感はなくなり、少量でも食事を美味しく楽しめるようになってきます。

「不妊がずっと続いている…」理由と対処法

多くの女性が妊娠を希望する中で、不妊に悩んでいる人がいます。友人が次々と出産をするのを見ていると、嫉妬すら感じてしまうこともあるでしょう。女性にとって、不妊は心に大きな問題をもたらしてしまいます。不妊にはどのような意味があるのでしょうか。

魂の計画にない

不妊とは、スピリチュアルな意味合いでいうと、すでに決まっている魂の計画に関係しているといわれています。子どもが生まれることが計画されている魂を持つ人の下には、子どもを産む許可が与えられます。しかし一方で、魂の計画に子どもを産むということがない場合、授からないこともあるようです。

赤ちゃんの魂に選ばれない

霊界からは、常に新しく生まれる魂の霊たちが、地上世界を見下ろして、母親を選ぶといわれています。しかし、不妊の女性は、そうした新しい魂から選ばれないという原因もあるようです。なぜ選ばれないのかというと、すでに子宮に何らかの魂が宿っていることがあるといわれています。すでに先客がいれば、新しい魂が下りることがむずかしくなります。

カルマの契約があるためタイミングを見計らっている

子どもが欲しいけれど、なかなかできないという場合、産まれてくるタイミングを子どものほうが見計らっている可能性もあります。親子関係は、カルマを乗り越えるためにあるため、この場合、時期が重要になるのです。

自分自身で授からないと内心あきらめている

妊活をいくら行ってもなかなか授からない女性が多いといわれています。すべての女性がそうであるとは限りませんが、心の底で、「自分は一生授からない身体かもしれない」と思い込んでいる可能性があります。妊活でいろいろなことを実践しているうちに、なかなか妊娠しないと「やっぱり自分はだめなんだ」と妊娠できないほうばかりに意識がいってしまい、ますます妊娠できない自分になってしまうのです。しかし、そうしたネガティブな感情は身体にもよくないエネルギーとなり、子宮や卵巣にも悪影響を及ぼしてしまいます。生理が精神的なものでストップしてしまうように、妊娠も同じことなのです。その場合には、アファメーションで「私は●月●日に元気な赤ちゃんを産みます」などと毎日唱え続け、どんどんポジティブなイメージを描いていきます。そうすることで、潜在意識が塗り替わります。なかなか妊娠しないという場合、それを早急に対策するというよりは、さまざまな原因を突き止めることが先決です。


女性にとっての多くの悩みは、スピリチュアルな観点からみると、さまざまな原因と解決策があります。行き詰まったときには、一般的に言われる原因や解決策だけでなく、スピリチュアルな観点から見てみるのもいいのではないでしょうか。