レイキヒーリング

片思いに敗れてしまったり、パートナーとの不和が起こったりしている場合、その恋愛の傷はどのようにケアすべきでしょうか。人は、さまざまな方法を駆使して自分の人生において負った傷を癒します。しかし、その方法も効果も千差万別です。そのような癒しの方法の中でも、レイキヒーリングについて取り上げます。また、このレイキヒーリングで恋愛の傷を癒す方法も合わせてみていきましょう。

レイキヒーリングとは

レイキヒーリングは、「レイキ」という「自然のエネルギー」を用いて、ヒーリングを行う方法です。「自然の気」ともいわれるもので、人間なら誰もがそのパワーを持っているといわれています。レイキは日本で、京都の鞍馬山で修行をしていた臼井甕男(うすい みかお)という人が発見したものだといわれています。1922年に偶然、修行から帰る途中に、そのエネルギーの存在に気付いたとされています。何も意識しなくとも、自分の手を癒したい身体の場所に当てるだけで、自然とレイキのエネルギーが出ます。特にリラックスした状態なら、そのレイキの力が発揮しやすいといわれています。レイキは、人間が作り出すエネルギーではありません。レイキは、もともと、自然のエネルギーなのです。つまり、レイキヒーリングは、人間の生体エネルギーではなく、自然のエネルギーを利用して癒す行為であるということになります。

レイキヒーリングで癒せること

では、レイキでは実際、どのようなことを癒すことができるのでしょうか。基本的に心身共に癒すことができます。自分や他人の身体に手かざしや手を当てることで癒しますが、もし身体に痛みを感じるのであれば、その痛みが和らぐことを実感できるはずです。また、身体の不具合の根本原因が見つかり、それが癒されることで、調整できることもあります。時には、好転反応といって、まるで風邪のような症状が出るなど、いつもより体調が悪くなることもあるようです。一時的なものであり、その体調の変化を乗り越えることで、身体の不調の根本原因が一掃され、癒しに向かうといわれています。

レイキヒーリングで癒されるメカニズム

レイキの力を人間に使った場合、その癒す力は決して目的を持ちません。つまり、「どこを治そう」という目的なく、人間の体に影響を与えるのです。いってみれば、レイキは「人間の自然治癒力を最大限に高める力」といえます。本来、備わっている、自分で自分の体を癒そうとする人間の生理的な力が、レイキをきっかけに、どんどん進んでいくのです。そしてレイキは特別な力を必要としません。特別な努力をしたり、修行が必要になったりするものではありません。誰でも行えます。なぜなら、レイキは人間個人の力ではなく、自然のエネルギーを使うからです。世の中には、手かざしなどでヒーリングする方法として、サイキックや気功ヒーリングがありますが、それらとレイキは異なります。大きな違いは、サイキックや気功が一度身体の中にエネルギーを取り入れた後で、そのエネルギーを主に体表的な部分にアプローチすることで癒すところです。一方、レイキは、例えば手かざしをすると、そのレイキのヒーラーの身体に宇宙のエネルギーが流れ込みます。その後、レイキのヒーラーの手を介して、宇宙のエネルギーが手をかざした相手の身体に流れ込みます。そうして、エネルギーが何らかの治療を行うのです。

レイキヒーリングで恋愛の傷を癒せるか

では、レイキヒーリングで恋愛の傷を癒すことはできるのでしょうか。先ほども述べた通り、レイキではあらゆる傷を癒すことができます。それが何であろうとも、その人の霊の領域に働きかけます。恋愛の傷は、もっと大きな解釈をすれば、人間関係の不調和によって得た傷です。その傷を癒すには、まず自分の波動を高めることが重要になってきます。なぜなら、人間関係は、人と人とのエネルギーである波動が関係して起こっているからです。あなたの悪い波動が、悪い波動を持つ人を引き寄せ、あなたが傷を負う機会を与えたのかもしれません。二度と同じような傷を受けないための対策をするためには、あなたの波動を高めて、あなた自身がレイキの癒しのエネルギーで満たされることが先決です。その上で、誰かに対してまた癒し、愛を与えられる状態になることで、あなたの人間関係、及び恋愛関係も向上するでしょう。レイキによってあなたに満たされたエネルギーは、あなたの波動を高めてくれます。ただ癒されるだけでなく、また別の人にも愛を与えられるようになるのです。また、波動が上がれば、あなたの元に引き寄せられてくる人が、自然と変わってきます。あなたに危害を加えるような波動の低い人は遠ざけられ、どんどんあなたにふさわしく、人間的に優れた人が引き寄せられてくるのです。

自分でできる恋愛の傷を癒すレイキヒーリング

恋愛の傷をかかえ、なかなか解消されない。癒されていないという人は、自分でレイキヒーリングを行ってみるのも一つの方法です。自分で行うためには、次のようなレイキの基本的なセルフヒーリングの方法を知っておきましょう。

  1. 「これからレイキを始めます」と心の中で宣言します。
  2. 12ポジションの方法を解説します。これは、頭部4か所、前面4か所、背面4か所の計12か所を手当てしてヒーリングする方法です。頭部⇒体の前面⇒体の背面の順番で行っていきます。やり方は、次の部位に自分の手を当てるだけです。そして、一か所につき、2~3分、手を当てます。

頭部は、顔の目の周辺⇒こめかみ~耳⇒後頭部⇒首の順に行います。両手を広げて、それぞれの箇所に当てるか、もしくは抱え込むようにして手からエネルギーが出ているのをイメージしながら行います。体の前面は、胸⇒お腹⇒腸⇒そけい部 の順に両手を当てていきましょう。体の背面は、首の裏側~肩⇒背中の胃の裏の辺り⇒背中の腰辺り⇒仙骨の順です。両手を背中に回して、届く範囲で手を当てます。

ポイント

  • もし痛みがある箇所があれば、そこを優先して当てしましょう。
  • 手が直接触れていなくても、レイキのエネルギーは流れています。無理に触る必要はありません。
  • ツボ押しとは異なるので、強く押すことは避けましょう。刺激となり痛みを感じると、レイキヒーリングの効果が薄まってしまうこともあります。
  • 何も考えずに行いましょう。うまくやってやろうと思うと、力んでしまい、セルフヒーリングが達成されないことがあります。

アチューメントを受けることで本格的に行える

レイキヒーリングは、誰でもすぐに行うことができます。しかし、もう少し本格的に行うには、レイキマスターと呼ばれる先生から、「アチューメント」を受ける必要があります。これは、レイキマスターからレイキのエネルギーをもらい、あなたのレイキの回路を開いてもらうことをいいます。そうすることで、あなたが自分でレイキを行う準備が整います。

恋愛の傷の癒し効果を高めるには?

恋愛の傷は人それぞれ 深さも原因も異なります。しかし、一ついえるのは、あなたの恋愛の傷をレイキヒーリングの力を信じて、その力によって、あなた自身の波動を高めて、今度こそいい人間関係を引き寄せるぞ、という気持ちを持つことが重要だということ。レイキヒーリングで恋愛の傷を癒すのを成功させるためには、あなたが思っている以上に、あなたの意識がポイントになります。