土星

西洋占星術の中でも、さまざまな惑星のエネルギーの関係が取り上げられます。この土星星座について、よく「苦手意識」を感じる惑星といわれています。また、「試練」ということもよくいわれます。特に10~20代の頃は避けたくなることといわれるこの土星。近年、もう一度見直そうという動きが起こっています。そこで今回は、あなたの出生図に現れた土星について、試練を乗り越える方法をみていきましょう。

西洋占星術における「土星」とは?

土星とは、西洋占星術では、制限や束縛、忍耐、責任、現実、権威、努力などを表します。金星や火星と比べると、お堅いイメージの惑星と感じるかもしれません。また、よく自分自身を表すものは太陽だといわれますが、実は土星もとても重要な惑星なのです。というのも土星は、自分が今の世で乗り越えるべき試練を表す惑星であるからです。また、「人生の最終的な到達点」ともいわれているため、誰かから与えられた試練というよりは、自分が目指すべき目標であるととらえたほうがよさそうです。若いうちは、どうしても制限や束縛、忍耐、責任というものは、煙たく感じるものです。「試練」「苦手なもの」というイメージは、この若い頃の人から見たイメージに過ぎないのです。むしろ、29歳頃に起こる出生図の土星の位置に、現行の土星が回帰する「サターンリターン」を経て、30代を過ぎると土星はとても重要な存在になってきます。また、若いうちは、自分自身が土星の意識を持っていないため、他の人が土星の役割をはたすことになります。それゆえ、横やりを入れてきたり、激しく制限してきたりする人が出てくることもあります。それが、自分自身のものになれば、もっと安定してきます。

星座別!土星の意味とは?

では、いわゆる「試練」「人生の最終目標」ととらえるべき土星は、それぞれの星座、つまりサインによってどのような違いがあるのでしょうか。もちろん、出生図の中で位置するハウスによっても自分にとってどのような方向性や分野で発揮されるかは人それぞれ異なります。サインについては、どのような性質を持つかを確認してみてください。

牡羊座の土星

牡羊座に土星が位置している生まれの人の人生の目標は、積極的にイケイケモードで突き進んでいくことです。もともと、あなたは若い頃、何か意気込んで一人で突き進もうとすると、頭をくじかれた経験があったかもしれません。一方で、もともと人を先導するのが苦手で、恐れを抱いている人もいるかもしれません。

牡牛座の土星

牡牛座に土星が位置している生まれの人は、経済力に自信がないかもしれません。金銭面で試練が与えられていると感じるでしょう。また、物質生活において、堅実にしなければならないというプレッシャーを感じるのではないでしょうか。しかし、牡牛座は、自分の生まれ持った資質や才能を発揮して仕事をする職人のような気質があります。よって、この牡牛座が土星の人は、自分自身で満足を得るためには、職人のように働くことです。

ふたご座の土星

双子座に土星が位置している生まれの人は、人とのコミュニケーションが問われています。小さいころから、人とコミュニケ―ションをとるのが苦手と思っていませんでしたか? また、この人は、コミュニケーションを重くとらえるため、言葉を人よりも注意深く選ぶ人かもしれません。また、会話だけでなく、知性にも関わってくるため、基礎的な学力を高めることに注力するかもしれません。

蟹座の土星

蟹座に土星が位置している人は、蟹座の家族を大事にする情が深いところを試されるでしょう。人に共感する力を鍛えなければなりません。若い頃は少々感情的になりやすく、ささいなことに敏感になりやすい感受性の強さがあるかもしれません。しかし、家族思いで情に厚いところを鍛え上げていくことで運が開けるでしょう。

獅子座の土星

獅子座に土星が位置している人は、自己表現や自分の創造力を発揮しようとしたときに、頭をくじかれる想いをしたかもしれません。この点、おなじ火のサインである牡羊座に似ています。また、自由に構成を発揮して生きることを抑圧されていると感じる傾向があります。

乙女座の土星

乙女座に土星が位置している人は、完璧主義になりやすいため、完璧でない自分にコンプレックスを持っているかもしれません。そして、完璧でない自分に罪悪感を持ち、必要以上に悩みます。神経質すぎることから、その反動で堕落した生活を送ることもあります。実務処理に長けているため、その道で成功しやすい傾向があります。

天秤座の土星

天秤座に土星が位置している人は、人間関係に苦手意識を感じる傾向があります。特に、人と比べて激しく落ち込んだり、相手の意見に影響されすぎたりするところがあります。しかし、年を取っていくにつれて、対人関係のバランスが取れるようになります。人との距離の取り方が徐々に分かってきて、マスターすることもできるでしょう。

蠍座の土星

蠍座に土星が位置している人は、内面に激しい感情があり、執着心の強さに自分で手に負えないところがあるでしょう。また、周りの人たちに対して壁を作る傾向もあります。孤独感にさいなまれるところも。土星を自分のものにすることで、他人とうまくつながり合っていくことができます。

射手座の土星

射手座に土星が位置している人は、自分の思想が受け入れられない経験を持つことがあります。しかし、射手座は、それを乗り越えると自分の思想を人に伝える立派な教育者になったり、異国で自分の生活の基盤を作り出すことができるようになったりすることができます。

山羊座の土星

山羊座に土星が位置している人は、もともと山羊座のルーラーであることから、土星はポジティブな意味を持ちます。社会的に成功しやすい人生になるでしょう。うまく土星を乗りこなすことができることから、幼少時からちょっと大人っぽく見られることがあるでしょう。

水瓶座の土星

水瓶座に土星が位置している人は、オリジナルな人生を送ることが人生の課題になります。おそらく、若い頃は、人からの影響を受けやすく、価値観が揺らぎやすい傾向があります。やがて大人になって土星をわがものにできるようになると、信念がはっきりしてきて、自分らしい人生を送ることができるようになります。

魚座の土星

魚座に土星が位置している人は、幼い頃に、その繊細な感性や哀れみの深さなどを否定された経験があるかもしれません。落ち込みやすく、精神世界に閉じこもる傾向があります。しかし、その精神世界への傾倒から、その分野で活躍することになります。目に見えない分野をうまく地上の有形のものに落とし込んでいくことが、魚座土星のするべきことです。

土星で開運するには

では、土星を用いて開運するためにはどうすればいいのでしょうか。それは、そこまでむずかしいことはありません。ただ、土星の試練に果敢に何度でも挑戦していけばいいだけです。それだけで、あなたは開運していくことができます。土星は、ことあるごとにあなたにあなた自身の弱点を見せてくれます。しかし、あなたがそれを乗り越えようとしなければ、あなたは不幸なままです。苦しみがやってきます。一方、そこでその事項を修正し、どんどんその土星への試練を乗り越えていくのを繰り返すことで、あなたは新たな成長を遂げることができるようになります。土星は試練に耐えるしかないというイメージがありますが、決してそうではありません。乗り越えるからこそ、手にできるものは大きいのです。