人間にはオーラ上に「チャクラ」と呼ばれる7つのエネルギースポットがあるといわれています。チャクラを活性化させて、心身ともにエネルギッシュに!

チャクラとは「輪」や「車輪」を意味するサンスクリット語。肉体を包み込むように、大脳から脊椎基底部まで身体のセンターライン上にあり、車輪のようにくるくる回って空気中のエネルギーを取り入れています。そして、経路というエネルギーラインを通じて、神経系や内分泌腺、血液に必要なエネルギーを送り込むのです。

7つのエネルギースポット

健康でエネルギーにあふれているときのチャクラは時計回りに素早く回転。逆に気持ちが沈んだり、健康を損なったりすると、回転が鈍くなります。本人がストレスや葛藤を感じなくても、こんなとき、チャクラは不活発に。つまり、チャクラは生命エネルギーのバロメーターともいえるのです。

以下、7か所のチャクラについて説明しましょう。対応する色、パワーストーン、アロマはそのチャクラを活性化させるためのものです。自分に足りないと感じるチャクラがあったら、積極的に活用してください。

第1チャクラ/ムーラダーラ・チャクラ

~支える、地に足をつける~

第1チャクラ/ムーラダーラ・チャクラ

場所
尾てい骨、性器

影響
人間が生きていくためのエネルギーを司ります。ムーラダーラ・チャクラが活性化すると会社や学校などの集団生活において、周囲と自分との関わりがうまくいくようになる上、決断力や判断力が高まります。不活発になると、バイタリティがなくなり、社会性も衰えます。

活性化の方法
大自然の中に身を置くことで、第1チャクラ(ムーラダーラ・チャクラ)は活性化してきます。森や海に行き、意識して自然の豊かさを吸収しましょう。ゆったりとくつろぎ、チャクラの場所をイメージしながら土の上を素足で歩くのもおすすめです。自然の地へ出かける時間がない人は、休息を取り、バランスの取れた食事と適度な運動を心がけましょう。

対応する色
赤・黒

対応するパワーストーン
ブラックオニキス、ガーネット、ルビー

対応するアロマ
ジンジャー、ターメリック

第2チャクラ/スヴァーディスタナ チャクラ

~甘さ、相手を尊重する~

第2チャクラ/スヴァーディスタナ チャクラ

場所
へそのすぐ下(丹田)

影響
人間関係や創造力を司ります。スヴァーディスタナ・チャクラが活性化すると、人や自分の感情に振り回されなくなる他、物質と自分との関係が改善され、物欲や性欲がコントロールしやすくなります。不活発になると、自分を抑えられなくなり、感情や執着に振り回され、人間関係が悪化してしまいます。

活性化の方法
花にふれる時間を作りましょう。花は植物が持つ、強いエネルギーの象徴です。花をそばに置いて瞑想すると、効果が得やすいといわれています。花や観葉植物をいつも身近に置き、話しかけるのもおすすめです。また、人間関係においては、「他者は自分の思い通りにはならないもの」と割り切ることも必要でしょう。

対応する色
オレンジ

対応するパワーストーン
カーネリアン、メノウ

対応するアロマ
カルダモン、スイートオレンジ

第3チャクラ / マニプーラ チャクラ

~感受性、自分を尊重する~

第3チャクラ / マニプーラ チャクラ

場所
みぞおち

影響
外的環境と自己の関係を司ります。マニプーラ・チャクラが活性化すると、感情が豊かになり、受容性、感受性が高まります。さらに自分が自分であることをはっきりと認められ、自信を持って周囲と接することができるでしょう。不活発になると、社会の中で自信が持てず、意志表示がしにくくなり、自尊心もなくなります。

活性化の方法
動物と接する時間を作りましょう。無垢な動物たちとふれ合うことで、魂にたまりがちなマイナスエネルギーを浄化してもらうのです。さらに、たくさん笑うよう習慣づけましょう。意識した笑顔であっても、声に出して笑うことによってストレスが軽減されます。また、自分をしっかり持って、自分の意志を尊重するように心がけて。

対応する色
黄色

対応するパワーストーン
シトリン、サンストーン

対応するアロマ
ティートリー、サイプレス

第4チャクラ/アナハタラ・チャクラ

~愛、感謝~

第4チャクラ/アナハタラ・チャクラ

場所
胸の真ん中

影響
恋愛、家族愛、人類愛、自己愛など、愛を司ります。アナハタラ・チャクラが活性化すると、他者に対して感謝の念や思いやりの気持ちを持てるようになり、どんどん愛情に満たされ、幸福感に包まれます。不活発になると、愛されている実感が得られず、自分も相手に対し、条件つきの愛情しか与えることができなくなります。

活性化の方法
自分の中にある愛を増やし、人に愛を与えることです。どうしたら相手が喜んでくれるかを常に考え、見返りを期待しないで相手に尽くしましょう。

対応する色
ピンク

対応するパワーストーン
ピンクトルマリン、ピンクオパール

対応するアロマ
ローズオットー、ローズウッド

第5チャクラ/ヴィシュダ・チャクラ

~浄化、真実の表現~

第5チャクラ/ヴィシュダ・チャクラ

場所
のど

影響
自己表現やコミュニケーションを司ります。ヴィシュダ・チャクラが活性化すると、自分の気持ちを周囲にスムーズに伝えられるようになり、積極的にコミュニケーションが取れるようになります。その結果、充実した人生を送っているという満足感を得られるようになるでしょう。不活発になると、自己表現が苦手になり、コミュニケーションがうまくいかなくなります。

活性化の方法
ポジティブなことも、ネガティブなことも、正直に表現しましょう。そして大勢の人と積極的に交流を深めていくことで、自分と他者のちがいが感じ取れるようになります。さらに、自分を信じ、「絶対、相手に伝わる」と自信を持つことです。

対応する色
水色

対応するパワーストーン
ターコイズ、アクアマリン

対応するアロマ
パチュリ、フェンネル

第6チャクラ/アージナ・チャクラ

~直感、知覚する~

第6チャクラ/アージナ・チャクラ

場所
額の真中

影響
直感力や洞察力を司ります。第三の目とも呼ばれるアージナ・チャクラが活性化すると、インスピレーションや情報収集力が高まり、スピリチュアルアンテナとして洞察力や創造力が高まります。真実を見究める力、将来を見通す力もつくでしょう。不活発になると、注意力不足になり、物事の真実が見究められなくなってしまいます。

活性化の方法
直感から得たアイディアを信頼し、実行していくことが大切です。また、瞑想や祈りも非常に効果的。魂と世界のつながりを意識し、時間や肉体から解放されるように「無」の境地で祈りましょう。

対応する色
藍色

対応するパワーストーン
ラピスラズリ、アメジスト

対応するアロマ
レモン、マンダリン

第7チャクラ/サハスラーラ・チャクラ

~ハイヤーセルフ(高みの自分)~

第7チャクラ/サハスラーラ・チャクラ

場所
頭頂部

影響
高次元の霊的情報、スピリチュアルサポートを司ります。サハスラーラ・チャクラが活性化すると、宇宙を感じられるようになります。一般的に「悟り」と呼ばれる状態になるには、他の6つのチャクラが開発されてから、第7チャクラ(サハスラーラ・チャクラ)を開く必要があります。活性化すると生きることの意味を知ったり、高次元の存在と一体化できたりするようになります。不活発になると、人生においてスピリチュアルなサポートが得られず、自分の使命を果たせなくなります。

活性化の方法
他の6つのチャクラが完全に開発されれば、自然と第7チャクラ(サハスラーラ・チャクラ)も開発されていきます。さらに自己を超越したハイヤーセルフとの対話が可能になれば完璧です。

対応する色
紫、白、金

対応するパワーストーン
水晶、ダイアモンド

対応するアロマ
ラベンダー、イランイラン


チャクラを活性化させることは、人間らしく、生き生きと暮らすために大切なことといえるでしょう。 日々の生活の中で、それぞれのチャクラを意識しながら過ごしてみてください。