顔相から知る自分の強みと開運メイクの方法

顔にはその人の運気や性格が現れています。顔を見て判断する占いのことを顔相占いといいます。また、顔相に基づくメイク術もあります。メイクというと美容のために行うのが普通ですが、運気を上げるためにスピリチュアルな意味でのメイクアップをすることもできます。毎日のメイクに一工夫するだけで、毎日が変わるかもしれません。

顔相(がんそう)って?

顔相とは、顔の相を見る占いの一種で、いわゆる人相占いのことでもあります。まずは顔相占いについて知っておきましょう。また、顔相学という学問があり、顔のパーツの特徴からさまざまな資質を知ることができるといわれているのです。

顔相の顔の形ごとの解釈例

顔相学では、顔の形ごとにそれぞれ解釈があります。自分の顔の形と近いものをチェックしてみてください。

三角形の顔

大器晩成型。とても行動力があり、エネルギーに満ちた人です。それと同時に人の面倒を見るのが大好きで、人望が厚いのが特徴です。行動力があるので、自然とリーダーに抜擢されるということが多いでしょう。また、感情的で情が厚いので、この人ほど困っている人を放っておけない人はいません。頼まれれば必ず引き受けます。また、とてもやさしい人なので、大家族を支える存在にもなります。

丸顔

この人の周りは、いつも円満で平和な空気が流れているでしょう。何より争いごとを嫌い、裏表がありません。また、人の悪口や不満は一切口にせず、いつも円満にことを運びます。何か問題が起きれば、「私が対処しておきます」とお人好しぶりも発揮します。

逆三角形の顔

この人の周りは、いつも円満で平和な空気が流れているでしょう。何より争いごとを嫌い、裏表がありません。また、人の悪口や不満は一切口にせず、いつも円満にことを運びます。何か問題が起きれば、「私が対処しておきます」とお人好しぶりも発揮します。

逆三角形の顔

顎先が鋭く、顔が細いスマートな顔を持つこの人は、とても頭脳明晰で、繊細な才能を生かして、ものごとに取り組んでいきます。頭がいいので人と会話をしていると少々物足りないところがあるでしょう。この人は自分の世界に生きるタイプなので、あまり商売には向かないことが多いようです。

たまご型の顔

たまご型の顔の人はとても愛情が深い人です。見た感じ、とてもほんわかしています。そうした性質が、人を自然と引き寄せるでしょう。自分から何かをしなくても、誰かが代わりに手伝ってくれるというのもこの人の得です。

顔相のパーツごとの解釈例

続いて、顔相学に基づいて、人の顔にはどのような資質や意味があるのかみていきましょう。

鼻の下・人中

鼻の下にある溝のことを人中と呼びます。この人中が長い、短い、狭い、広いなどによって運気や性格が変わってくるといわれています。もし人中が短いと、人と浅く広く付き合う傾向があるため、人付き合いは限られているといえるでしょう。また、飽きやすい性格であることもその浅い付き合いの要因です。一方、人中が長いと、反対に人望が厚く、人に対して寛大かつ、優しく接するでしょう。そのため、人とのつながりによって幸運に恵まれることもしばしばあります。さらに、子ども運も上場であることから、幸せな家庭にも恵まれます。ただし、短い人中、長い人中いずれも、上唇がめくれあがっていると運気は落ちてしまうといわれます。また、人中が狭いとおとなしく自己主張が不得意なタイプです。一方、人中が広いと反対に社交的で子ども運も高く寿命が長いため、晩年は大家族に囲まれて楽しく過ごすことができるでしょう。

人によって眉は太い、細い、短い、長いなどさまざまな生え方が異なります。太いのは主に攻撃的で意思が強く、男性的な性質が強く現れます。太ければ太いほど攻撃的になります。一方、細い眉はとても繊細な心の持ち主で、人への気遣いに長けています。女性的で周囲に気を配り、生き抜いていきます。一方、眉が短い場合は、感情的な側面があります。自分の感情や直感で行動することがあるため、少々行動が早すぎることがあります。一方で、長い眉毛の持ち主は論理的にものごとを考えられる人です。少し理屈っぽいところが過ぎるので他者への共感面で劣るかもしれません。

ほうれい線

ほうれい線が濃いと、言葉を一言一句選びながら、相手に理解してもらえるように話す習慣があるとシワが濃くなるといわれます。また、ほうれい線については、狭いと財運に恵まれるといわれていますが、着実にお金をやりくりして無駄遣いはしません。お金持ちではあっても自分は質素倹約に暮らします。一方、ほうれい線が幅広い人は、仕事運があります。リーダーシップがあるため部下にも恵まれます。

顔相の開運メイクって?

このように、顔は、自分の生まれ育った家系の情報や、環境などさまざまな影響を受けて、その人の運気や性格を表しています。それらのパーツごとの特徴をとらえ、見抜き、それぞれの長所を立たせるようにメイクを施すことで、その人の仕事運、恋愛運、金運などあらゆる運気を向上させるのが開運メイクです。

各パーツの開運メイク

次に、顔の各パーツへどのようにメイクすれば運気が上がるのか、開運メイクをみていきましょう。

目を大きく見せることは本来、魅力的といわれていますが、開運という観点からしてもいいものが舞い込んできます。例えば、アイメイクは黒いアイライン、黒のマスカラなどを利用して目をぱっちり大きく見せるようにしましょう。

眉毛

眉毛は基本的に長めに描くといいといわれます。そして眉頭より、眉尻を下げないことがポイントです。特に女性は三日月形の眉がいいといわれます。三日月とは、カーブはゆるやかな、やわらかい印象のある形。太さは中心が太く、眉頭と眉尻は細い状態です。太眉が流行していますが、これは人間関係の運が向上するといわれているので、ぜひ流行にのってみましょう。

頬(チーク)

チークは入れる場所が非常に重要です。頬骨の高いところに丸く入れると人間関係の運気が向上するといわれています。

口紅

口紅は、基本的に口角を上げるようにメイクをすると、人間関係の運が向上するといわれています。できるだけ肌よりも明るい色をつけることで、よりよい影響がでてきます。また、金運を上げるには、唇を少しだけ自然な範囲で広げるのがポイント。大きい口は金運を引き上げるためです。

スキンケア

顔のベースとなる肌のケアも開運のためには非常に重要です。開運のための肌は、赤ちゃんのようなもっちりとしたぴかぴかつるつるの肌です。きめが細かくて透明感があります。しっかりと保湿し、適度に油分を補うことがつるつる肌づくりの秘訣です。

顔のお悩みは顔相で解決

顔には人それぞれ、「ここは自信がない」といったところがあるものです。それを顔相で確認しておきましょう。

ニキビは必ずしも悪いわけではない

ニキビはできると気になるものです。ニキビの状態は、現実の状態と密接に関係しているといわれています。ニキビにはまだ炎症を起こしていない白ニキビと、炎症を起こした後の赤ニキビがありますが、炎症を起こしてしまった赤ニキビは、そのニキビができた部分の事柄がトラブルを起こしている証拠です。一方、白ニキビは幸運の象徴といわれていますので、必ずしも悪いとは言い切れないのです。

ホクロはエネルギーのバランスが崩れている証拠

ホクロも気にしている方は多いです。ホクロは、できた顔の位置によって意味が異なってきます。しかし、どの位置にできてもホクロは強い意味を持ちます。その部分のパワーが強いことを意味しているのです。つまり、ホクロの位置で自分の強みが分かるということもあるのです。また、ホクロの色が濃いか薄いかによって、エネルギーの量が異なってきます。黒くて濃い色をしていれば、それだけエネルギーが強いということで、薄くて色素が少ない場合には、それだけエネルギーも少ないということです。例えば、ほうれい線に上に色の濃いホクロがあれば、責任感の強さがあるといわれており、仕事をバリバリこなすタイプです。


顔相は、意外にも私たちの運気や性格に大いに関係しているようです。一つ一つのパーツの特徴を見つけて、強みと弱みをみつけてみませんか。