パワースポット

世界の様々な場所には、パースポットという不思議なエネルギーの湧いているスポットが存在します。旅行先でそうしたパワースポットに訪れることも、最近は多いのではないでしょうか。しかしそうしたパワースポットに訪れる際に、ぜひ知っておきたいことがあります。そこで今回は、パワースポットに持っていくべきではない持ち物やすべきではない服装についてご紹介します。

パワースポットとはどんな場所?

パワースポットに持っていくべきではない持ち物やすべきでない服装を知るためには、まずパワースポットとはどんな場所であるかを知る必要があるでしょう。一般的にパワースポットは不思議なエネルギーのある、運気の上がる場所というイメージがありますが、ただそういう好奇心やご利益の気持ちだけで訪れると、パワースポットのすべてを享受することができない可能性もあります。

地球上のあらゆる場所には、その場の空気というものがあり、その場のエネルギーがあります。場所というのは実は、さまざまな特徴のあるパワーが満ち溢れているのです。その時に良質のパワーがある場所、生命的なパワーの充満している場所がパワースポットです。簡単にいえば、そこに行くと運気が上がったり幸せになったりするということです。パワースポットの定義は非常に広いのです。

人によっては元気になったり、人によってはおおらかな気持ちになったり、人によっては幸せな気分になったり、テンションが上がったりします。しかしそれぞれの場所の共通点は、非常にパワーが強く優れているということです。つまり心も体もそのエネルギーに囲まれ、それに満たされる場所ということになります。

パワースポットに持っていくべきではない持ち物と、すべきでない服装

パワースポットには、必ず何らかのエネルギーが強く立ち込めていると考えましょう。ではそうしたとき、パワースポットのパワーをふんだんに取り入れて最高に運気を上げるために、どのような準備が必要なのでしょうか。特に持っていくべきではない物やすべきでない服装をピックアップしてみました。

自分に合わない石

パワースポットでは、パワーストーン等の石を持っていくとそのパワーストーンにエネルギーが吸収され、持ち帰ることで自宅でもパワースポットのパワーを感じることができるとよくいわれます。しかし石選びには充分注意が必要です。なぜならパワーストーンは、その種類によっても自分に合う・合わないが非常に重要になるためです。

自分に合うものであれば、パワースポットの良いエネルギーを取り込み、良い影響が期待できます。しかし自分に合わないものだと、かえって悪い影響を及ぼすこともあるといわれているため、注意が必要です。自信がない場合は、石を持っていかないほうが安全かもしれません。

スマートフォン

昔から携帯電話等は、パワースポットのエネルギーの影響受けてしまうため、あまり良くないといわれています。家族に預けるなどして、持っていかないというのもひとつの方法です。

黒っぽい服装

服装については注意が必要なことがたくさんあります。中でも、黒っぽい服装の服装はマイナスのエネルギーを吸収しやすいといわれていますので、避けたほうが良いでしょう。逆に白色や淡い色のカラーの色であれば、それほど極端に吸収するという事はありませんので安心です。

汚い服

パワースポットは、神社仏閣に行くような気持ちでいくと良いでしょう。なぜならそこには神聖なるエネルギーが溢れているためです。皆さんは神社仏閣に行ったとき、参拝の前に手水舎で、手や口を清めるのをご存知のことでしょう。神聖なるものの前では、人は汚れを落とし身も心も清める必要があるのです。それはエネルギーを享受するためにも欠かせません。服装や持ち物についても、きちんと洗濯した清潔なものを着て行くということが非常に重要です。パワースポットに行く時も神社仏閣に行く時のように、神聖なる気持ちで出かけましょう。

露出の多い服

パワースポットでは、露出の多い服は避けるべきといわれています。これも神社仏閣に行く時と同じような理由です。露出の多い服は神聖なるものの前では、失礼にあたるのではないかと感じるのが人間というものです。パワースポットはハワイなど観光地にもありますが、その際にも自分が最も清潔だと思う服装で、最も周囲のことも神聖なるもののことも考えたマナーある服装を心がけましょう。


パワースポットは、非常にエネルギーが高い普通の場所とは違う優れた場所になります。特別感とともに、そのエネルギーを享受するのにふさわしい持ち物や服装で訪れるのをオススメします。これによりパワースポットのエネルギーをふんだんに正しく取り入れることができ、運気も上がる可能性が高いです。